横浜環境解体TOP » 解体工事を活用した節税対策
解体工事を活用した節税対策
固定資産税は1月1日時点で課税されます
土地・家屋に対しては固定資産税が課せられます。固定資産税は1月1日時点で保有している固定資産に対して課税される税金です。
そのため、「土地を相続したが、どうすれば良いかわからない」「土地の売却を考えている」という場合には早めの対応がオススメです。
不要な土地は早めに売却を検討しましょう 固定資産税は1月1日時点で課税されます 土地は更地のほうが売却しやすくなります
固定資産税を削減するために土地を売却する場合には建物を残したままにするべきか否かということを考える 必要があります。
一般的には建物が残っているよりも解体工事を行い更地の状態にしたほうが、売却しやすくなります。
築年数が経過すればするほど、建物付きでは売却は難しくなります。
そのため建物の解体工事が節税対策につながるのです。
築年数が数十年経過した建物
建物を解体し、更地へ
売却しやすい更地にすることで、
買い手が見つけやすくなります!
ここで注意しなければならないことは、「建物がある状態」と「建物が無い更地」の状態では掛かる税率が異なるということです。
「建物が無い更地」の状態のほうが固定資産税の税率は高くなります。この点に関しては注意が必要です。
そのため、「相続をしたけれどこの土地をどうしよう」「土地の売却を検討している」「掛かる税金の差異を知りたい」という場合には、是非弊社へご相談されることをオススメいたします。
横浜環境解体では解体工事だけを勧めるのではなく、お客様にとって最も良いご提案をさせていただきます。
スタッフ紹介
会社概要
横浜環境解体の環境対策運動
メールフォームへ
お問い合わせはこちら
住宅解体
内装解体・原状回復
プチ解体
外構・エクステリア
施工実績
お客様の声
価格表
解体工事成功への道
解体工事完了までの流れを知ろう
後悔しない、解体工事業者の選び方とは
知っておきたい、よくあるトラブル
これさえ知っておけば大丈夫、知っ得情報
費用を安く抑える方法
解体工事を活用した節税対策
よくある質問集
横浜環境解体のご紹介
会社概要
スタッフ紹介
私たちの特徴
横浜環境解体の環境対策運動
神奈川県全域対応
横浜市鶴見区、港北区、都筑区、青葉区、緑区、神奈川区、西区、中区、保土ヶ谷区、旭区、瀬谷区、磯子区、金沢区、南区、港南区、戸塚区、栄区、泉区、川崎市幸区、中原区、高津区、宮前区、多摩区、麻生区、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町、相模原市、緑区、中央区、南区、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、相川町、清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川市、大磯町、二宮町、南足柄町、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、小田原町、箱根町、真鶴町、湯河原町
東京23区もお任せください
社長ブログ