横浜環境解体TOP » 社長ブログ » 川崎市 解体工事 事情
社長ブログ
川崎市 解体工事 事情
2015.11.07
 
今回の記事の題材は「川崎市」です。

川崎市とは神奈川県にある市であり、北東部にある政令指定都市でもあります。 7区の行政区を持ち、政令指定都市の中では面積が一番小さい土地ですが、人工は非都道府県所在地の市の中では、総人口が1461866人と一番多い事でも有名です。最近の日本では解体工事が空き家の増加により増えています。 これは政府が空き家に対して増税した背景もあると言われており、解体工事にして更地にし、土地を不動産業者に仲介して貰い競売に出している傾向にあるからとも言われています。そして、今回は大まかな内容ですが、神奈川県川崎市の解体工事に関連する紹介記事となります。川崎市では解体工事を事業者が行う為には、建設リサイクル法第21条第1項に基づき、建設業法における建築工事業に土木工事業、そしてとび職や土工工事業の許可がある事と、神奈川県内工事においては神奈川県知事の解体工事登録などの申請や手続きが必要です。
そして、建設リサイクル法などの基本的な法と、そして廃棄物処理の業務義務や、騒音対策などを尊守する事で神奈川県川崎市にて解体業者側は解体工事業務などを行う事が出来る様になっています。
これは他の市区町村と大きな差異は無く、基本的な一通りの手続きや事務処理があるのは変わりはないと言えます。
そしてそのルールに則って業者側は経営をしています。 現在では川崎市で解体業からリフォーム建築の建替費用を踏まえた増改築業などを担う企業が点在しております。
そして現在では川崎市は、住まいに関連する助成制度の案内などに力を入れている事が特徴です。 これは「川崎市住まいの助成制度等ご案内」などのPDFファイルの形で情報を公開しております。 そこから連なる様に、木造住宅耐震改修助成制度などの助成金などが存在しており、そこから民間に伝わる形で企業への補助金も多々あり、民間企業側もリフォーム優遇制度などの整えをしております。
その為、建替費用に関連した費用などは、これ等の助成金がある事である程度の優遇がある環境が整っています。
これは前述のPDFなどの情報の中に「住まい別」と「分野別」とで分かれており、大まかな個人や一般家庭世帯向け、そして法人や個人企業など向けのパンフレットとして紹介しているというのが特徴的でもあります。
他にも現在では住宅景観環境分野にも力を入れており、その分野での企業の参入の展望も写真 2014-11-21 12 02 10高いと言われているのが特徴です。
ブログ
トップページへ
スタッフ紹介
会社概要
横浜環境解体の環境対策運動
メールフォームへ
お問い合わせはこちら
住宅解体
内装解体・原状回復
プチ解体
外構・エクステリア
施工実績
お客様の声
価格表
解体工事成功への道
解体工事完了までの流れを知ろう
後悔しない、解体工事業者の選び方とは
知っておきたい、よくあるトラブル
これさえ知っておけば大丈夫、知っ得情報
費用を安く抑える方法
解体工事を活用した節税対策
よくある質問集
横浜環境解体のご紹介
会社概要
スタッフ紹介
私たちの特徴
横浜環境解体の環境対策運動
神奈川県全域対応
横浜市鶴見区、港北区、都筑区、青葉区、緑区、神奈川区、西区、中区、保土ヶ谷区、旭区、瀬谷区、磯子区、金沢区、南区、港南区、戸塚区、栄区、泉区、川崎市幸区、中原区、高津区、宮前区、多摩区、麻生区、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町、相模原市、緑区、中央区、南区、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、相川町、清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川市、大磯町、二宮町、南足柄町、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、小田原町、箱根町、真鶴町、湯河原町
東京23区もお任せください
社長ブログ