横浜環境解体TOP » 社長ブログ » 定期借地権は土地代が安くなる?
社長ブログ
定期借地権は土地代が安くなる?
2019.01.14

ゆとりのある広さや希少立地の物件が供給されやすいこのように定期借地権は土地代が安くなるので、土地や建物の広い、ゆとりのある住宅が供給されやすい。

やや古いが、国土交通省の2009年のデータによると、定借一戸建ての平均敷地面積は222m2で所有権付きの1.7倍、延べ床面積は平均125 m2で同じく1.25倍だった。

定借マンションの専有面積も平均で86.3m2と広めだ。

また、地主にとっては「手放したくないけれど有効に活用したい」という土地を利用できるので、所有権付きでは供給されにくい希少性のある立地の物件が増えるメリットもる。

 

写真 2015-04-23 17 56 45

ブログ
トップページへ
スタッフ紹介
会社概要
横浜環境解体の環境対策運動
メールフォームへ
お問い合わせはこちら
住宅解体
内装解体・原状回復
プチ解体
外構・エクステリア
施工実績
お客様の声
価格表
解体工事成功への道
解体工事完了までの流れを知ろう
後悔しない、解体工事業者の選び方とは
知っておきたい、よくあるトラブル
これさえ知っておけば大丈夫、知っ得情報
費用を安く抑える方法
解体工事を活用した節税対策
よくある質問集
横浜環境解体のご紹介
会社概要
スタッフ紹介
私たちの特徴
横浜環境解体の環境対策運動
神奈川県全域対応
横浜市鶴見区、港北区、都筑区、青葉区、緑区、神奈川区、西区、中区、保土ヶ谷区、旭区、瀬谷区、磯子区、金沢区、南区、港南区、戸塚区、栄区、泉区、川崎市幸区、中原区、高津区、宮前区、多摩区、麻生区、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町、相模原市、緑区、中央区、南区、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、相川町、清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川市、大磯町、二宮町、南足柄町、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、小田原町、箱根町、真鶴町、湯河原町
東京23区もお任せください
社長ブログ