横浜環境解体TOP » 社長ブログ » 住宅解体工事 実家のたたみ方
社長ブログ
住宅解体工事 実家のたたみ方
2014.08.27

 長年暮らしていると、建物は徐々に劣化していきます。そのため、時間が経過して古くなった家をどうするのか考えておく事も大事です。中には、実家から離れて暮らす人もいます。そして、賃貸による住宅や家を購入する事して新築に住む人もいるでしょう。そんな中、実家の両親がお亡くなったため、空き家になってしまうケースがあります。また、住んでいる家とは別の家を所有している場合、そこに人が住んでいなくて空き家となってしまう事もあるでしょう。これを上手く処理できなければ、様々なリスクと対面する事になってしまいます。

 注意すべき点として、空き巣に入られたり、浮浪者が不法侵入して暮らしてしまう可能性があります。また、火災により、他の住宅に迷惑を掛けてしまう恐れもあります。なにより、無駄に固定資産税を払うはめになるため、空き家のあり方についてしっかり考えておかなければいけません。

 そこで、この様な問題の解決を図るには、思い切って空き家を売ってしまった方が良いでしょう。それにより、リスクを回避をする事ができるのです。さらに、家を売却すると資金を得る事ができます。なにより、売却する事で、空き家をわざわざ管理する手間が省けるため、面倒事から解放されます。そのため、こういった不動産を放置して腐らせておく位なら、売却してお金に換えた方が良いでしょう。そんな中、空き家の売り方や両親不在の実家のたたみ方を知らない場合、どうすれば良いのか気になる所です。

 不動産の売却には、空き家をそのままの状態で売る事を古家付土地の売却と言います。これは、リフォーム費用であったり、解体や造成、分筆、測量等の費用を家の買い手に負担してもらいます。面倒事は、全て買い手に負担してもらえますが、売却益があまり期待できないデメリットもあります。それでも、それに掛かる時間と労力、なにより費用を抑える事ができるのです。

 少しでも利益を上げたいなら、空き地を解体工事する事による土地更地売却が良いです。これは、建物を解体して更地にする事により生じる解体工事の費用やリスクを、売り手が負う事で売値を高くする方法です。先ほどの古家付土地の方法とは逆で、売り手が負担する分、売却益を上げれるメリットがあるため、利益重視を目指す人には良いでしょう。

 この様に、家を売るにもやり方を変えるだけで、獲得できる資金に違いが生じるのです。空き家を売る事を検討されている人は、この事を念頭において目的に応じて選んでみてはどうでしょう。

ブログ
トップページへ
スタッフ紹介
会社概要
横浜環境解体の環境対策運動
メールフォームへ
お問い合わせはこちら
住宅解体
内装解体・原状回復
プチ解体
外構・エクステリア
施工実績
お客様の声
価格表
解体工事成功への道
解体工事完了までの流れを知ろう
後悔しない、解体工事業者の選び方とは
知っておきたい、よくあるトラブル
これさえ知っておけば大丈夫、知っ得情報
費用を安く抑える方法
解体工事を活用した節税対策
よくある質問集
横浜環境解体のご紹介
会社概要
スタッフ紹介
私たちの特徴
横浜環境解体の環境対策運動
神奈川県全域対応
横浜市鶴見区、港北区、都筑区、青葉区、緑区、神奈川区、西区、中区、保土ヶ谷区、旭区、瀬谷区、磯子区、金沢区、南区、港南区、戸塚区、栄区、泉区、川崎市幸区、中原区、高津区、宮前区、多摩区、麻生区、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町、相模原市、緑区、中央区、南区、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、相川町、清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川市、大磯町、二宮町、南足柄町、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、小田原町、箱根町、真鶴町、湯河原町
東京23区もお任せください
社長ブログ