横浜環境解体TOP » インフォメーション » 空き家をそのまま放っておく危険とデメリット
インフォメーション
空き家をそのまま放っておく危険とデメリット

空き家問題 特措法”施行で問題解決へ 動画 ここクリック (ANN)

OLYMPUS DIGITAL CAMERAakiya2 akiya3 akiya4

 

危険性その①:建屋の老朽化が原因で周辺の損壊事故、建物が老朽化する事によって、強風で屋根瓦ー外壁などが落下し。落下した物が通行人や隣家に当れば、その損壊につきまして賠償の責任が生じます。

インフォメーション写真①sss3yj1インフォメーション写真2

危険性その②:放火や原因不明の火災が発生でもらい火で被害を受けた隣家に訴えられることもあります。又、火災物件の解体工事費用が高くなります。その原因は廃材の分別が困難になることや、燃えた廃材の処分コストが割高になる為です.

huka4 houka2 houka1houka3

危険性その③:ゴミを不法投棄される事もあります

fuhou4 fuhou2 fuhouto1 fuho3

危険性その④:害虫の出現により自治体に苦情があると、衛生面問題が指摘され、特定空き家にされる可能性があります。

gaichuu1 gaichuu2 gaichuu3 gaichuu4

危険性その⑤:確認の為、遠方の家に行くことにより交通費が発生します。建物の掃除、草刈りなど、建屋修繕作業などにもお金かかります。(自然災害)大雪、台風、地震などになる度に現地の事が気掛かりになり精神的にも悪影響します。

F1003000.JPG ooame2 ooame3 ooame4

watch

ブログ
トップページへ
スタッフ紹介
会社概要
横浜環境解体の環境対策運動
メールフォームへ
お問い合わせはこちら
住宅解体
内装解体・原状回復
プチ解体
外構・エクステリア
施工実績
お客様の声
価格表
解体工事成功への道
解体工事完了までの流れを知ろう
後悔しない、解体工事業者の選び方とは
知っておきたい、よくあるトラブル
これさえ知っておけば大丈夫、知っ得情報
費用を安く抑える方法
解体工事を活用した節税対策
よくある質問集
横浜環境解体のご紹介
会社概要
スタッフ紹介
私たちの特徴
横浜環境解体の環境対策運動
神奈川県全域対応
横浜市鶴見区、港北区、都筑区、青葉区、緑区、神奈川区、西区、中区、保土ヶ谷区、旭区、瀬谷区、磯子区、金沢区、南区、港南区、戸塚区、栄区、泉区、川崎市幸区、中原区、高津区、宮前区、多摩区、麻生区、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町、相模原市、緑区、中央区、南区、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、相川町、清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川市、大磯町、二宮町、南足柄町、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、小田原町、箱根町、真鶴町、湯河原町
東京23区もお任せください
社長ブログ