横浜環境解体TOP » インフォメーション
インフォメーション

横浜市粗大ごみ受付センター 詳細 クリック

「粗大ごみ受付センター」に電話、またはインターネットで申し込んでください。
1粗大ごみに出される品物の材質や大きさを事前に確認してからお申込みください。

2お申込み時に収集日・手数料・出す場所などをお知らせします。

yjimage4

 

ブログ
トップページへ

カメラ付き携帯電話またはスマートフォンのQRコードリーダーを起動してこのQRコードを読み取り接続してください。

https://www.sodai.city.yokohama.lg.jp/yokohama/mp/index.php

【お問合せ先】
横浜市粗大ごみ受付センター 電話番号はこちら
月曜日から土曜日 8:30~17:00
休業日:日曜日・年末年始(12/31~1/3)
https://www.sodai.city.yokohama.lg.jp/yokohama/pc/index.html
ブログ
トップページへ

粗大ごみとして排出された物の中には、まだ使用できる物があります。
資源循環局では、3Rの一環として、資源循環局の事務所や工場でリユース家具を提供しています。
修繕は行わない代わりに、無償で提供しています。

提供したリユース品を市民の方ご自身でお持ち帰りいただくため、テーブル、いすなど基本的に1m以下程度の小型の品物をリユース品として提供しています。

詳細  横浜市ホームページ粗大ゴミ2 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブログ
トップページへ

ハウスメーカーに工事を一括依頼した場合に、そこから下請けの工務店に業務を発注、更に工務店は下請けの業者に工事を依頼します。(図:上) この時、ハウスメーカーは工務店から手数料を、工務店は各業者から手数料を得ています。(図:下)

 

http://kana-kaitai.com/point/

ブログ
トップページへ

横浜市では、建築物の解体工事に伴い発生する特定建設資材の分別解体及び再資源化を促 進し、アスベストの適正な撤去及び処理を図るため、「建築物の解体工事に係る指導要綱」を 定めました。(平成17年11月24日施行) 建設リサイクル法対象外の延べ床面積80㎡未満の建築物解体工事について届出を義務づ けています。

確認 下クリック

http://www.city.yokohama.lg.jp/shigen/

ブログ
トップページへ

密集住宅市街地には、次のような課題があります。

  • 地震時の家屋の倒壊や消失
  • 災害時の避難が困難
  • 道路や敷地が狭く、建替えが困難
  • 救急車、消防車などの進入が困難

このため、対象地区として、次の客観的基準に基づく4条件に該当する、23地区660haを選定しました(対象地区一覧)。

http://www.city.yokohama.lg.jp/toshi/chiikimachi/iemichimachi/

解体工事工事申請

ブログ
トップページへ
スタッフ紹介
会社概要
横浜環境解体の環境対策運動
メールフォームへ
お問い合わせはこちら
住宅解体
内装解体・原状回復
プチ解体
外構・エクステリア
施工実績
お客様の声
価格表
解体工事成功への道
解体工事完了までの流れを知ろう
後悔しない、解体工事業者の選び方とは
知っておきたい、よくあるトラブル
これさえ知っておけば大丈夫、知っ得情報
費用を安く抑える方法
解体工事を活用した節税対策
よくある質問集
横浜環境解体のご紹介
会社概要
スタッフ紹介
私たちの特徴
横浜環境解体の環境対策運動
神奈川県全域対応
横浜市鶴見区、港北区、都筑区、青葉区、緑区、神奈川区、西区、中区、保土ヶ谷区、旭区、瀬谷区、磯子区、金沢区、南区、港南区、戸塚区、栄区、泉区、川崎市幸区、中原区、高津区、宮前区、多摩区、麻生区、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町、相模原市、緑区、中央区、南区、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、相川町、清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川市、大磯町、二宮町、南足柄町、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、小田原町、箱根町、真鶴町、湯河原町
東京23区もお任せください
社長ブログ