横浜環境解体TOP » インフォメーション
インフォメーション

相続それぞれに不動産の登記名義を移っているか否かとは無関係に、法定相続人に引き継ぎされることとなっています。土地建物の名義人の相続が出た時に、その財産は相続人に相続されます。次にその相続人が死亡するとその財産は相続人に相続されます、これがリピートされます。亡くなった人名義の建物が有ったら、解体工事することになったら、解体コストは相続人が背負うこととなります。加えて解体工事後のに“建物滅失登記”も相続人が明確になっていないと行なえません。第一段階は土地建物の相続人が誰かをはっきりしておく必要が有ります。判らない場合相続人が誰かを調査をしその相続人を調べる必要が有ります、困難な場合、司法書士に相談する方が良いと思います。

img-kihon01

ブログ
トップページへ

土地や家の売買する不動産会社は普段解体業者とお付き合いしています。既存の古い建物を壊して土地を売るなどからです、不動産会社は土地の売買する時に解体工事の見積書までを提出するのが通常ですが。土地の売却相談している不動産だからといってその解体費用は100%適確であることは分かりません。不動産屋に解体工事を頼んだら下請け会社が解体工事をやることになりますので、その費用に不動産の取り分が上乗せされるため解体費は割高になってしまいます、解体工事の知識がない場合、不動産の言われるがままになってしまう事がほとんどです。土地売買別に解体工事の分離発注しなければなりません、これによって解体工事費は確実に割安になります。

IMG_7372 IMG_7375 IMG_7382 IMG_7379

ブログ
トップページへ

危険なブロック塀等の撤去費用補助制度について

鎌倉市危険ブロック塀等の除却費補助 ここクリック

危険ブロック 危険ブロック1 危険ブロック2 危険ブロック3

ブロック塀等は、これまでも大規模な地震時に倒壊し数々の被害をもたらしてきました。被害を減らし、安全安心なまちづくりを推進するために、危険なブロック塀等の除却工事を行う場合及び、除却後に軽量なフェンス等を設置する場合には、補助金を交付します。

対象となる危険ブロック塀等について

 申請者以外の第三者が通行する道路等に面し、延長が1mを以上、かつ、高さが1m(擁壁の上に築造されている場合は、擁壁を含む高さが1m以上、かつ、塀の高さが60cm以上のもの)以上のブロック塀等で、市から危険である旨の指導または勧告を受けたもの

ブロック塀等に除却後に設置する軽量なフェンス等

ただしいずれも、販売を目的としてブロック塀等を除却する方、鎌倉市狭あい道路拡幅整備事業によりブロック塀を除却する方、または、一度この補助金を受けたことがある場合は、補助を受けることはできません。

ブログ
トップページへ

①位~建物が接している道路の幅、敷地の高低差、小運搬工事有無

道路幅8 道路幅7 道路幅1 道路幅2

②位~建物の構造と床面積

道路幅6道路幅5道路幅4道路幅3

③位~手作業の割合

手壊し解体1手壊し解体4手壊し解体3手壊し解体2

④位~植栽、生木の撤去処分 有無

IMG_6530 IMG_6537 IMG_6539 IMG_6551

⑤位~駐車場、車庫、カーポートの解体 有無

カーポート11 カーポート12 カーポート13カーポート4

⑥位~浄化槽 の有無

浄化槽浄化槽1浄化槽2浄化槽3

⑦位~その他の付帯物の有無

カーポート4IMG_6413IMG_6604IMG_6614

 

⑧位~残置物の撤去処分の有無

残置物 残置物1 残置物3 残置物4

 

接している道路の幅、敷地の高低差、建物の立地、構造、周囲の環境で違いが現れます、構造や建材によって、建物を解体するための労力が違ってきますし、解体費用が高くなります。床面積については、広いほど解体工事費用が増えるのはは勿論の事、床面積狭いほど坪単価が上がり、 道路幅が狭いほど費用が高くなります。道路が狭小なと、手際よく解体するために必要な建設機械を搬入する事が出来ず、廃棄物を運搬する車両も入れないので、人力作業が多くなります。 これ以外にも、地中に埋まっている埋設物の撤去処分費用、植栽の伐採だけなのか抜根もやるのか、解体費用に影響します。金属類は、解体工事業者に買い取って貰うのでプラスになります、解体工事業者の見積書に気を付ける必要があります。

ブログ
トップページへ

空き家は土地と異なって寿命が付き物です、ところが高額なお金が必要になって、マイホームには関係した人々の気持ちが詰まっており、かんたんに売り払うことができないものです。新築建てたあの時はいい感じだったものの、現在は色んな制限が掛かっていることで、思い通りに使えないことだって考えられるでしょう。しかも好んでそのままにしておく事じゃなく、人口減少時代でニーズが急落していて、売ることも貸すことも困難という話も有ります。それに対して空き家を活かす試みが有り、誰も住んでいない家に倉庫や店舗等の活用期待できます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブログ
トップページへ

空き家問題 特措法”施行で問題解決へ 動画 ここクリック (ANN)

OLYMPUS DIGITAL CAMERAakiya2 akiya3 akiya4

 

危険性その①:建屋の老朽化が原因で周辺の損壊事故、建物が老朽化する事によって、強風で屋根瓦ー外壁などが落下し。落下した物が通行人や隣家に当れば、その損壊につきまして賠償の責任が生じます。

インフォメーション写真①sss3yj1インフォメーション写真2

危険性その②:放火や原因不明の火災が発生でもらい火で被害を受けた隣家に訴えられることもあります。又、火災物件の解体工事費用が高くなります。その原因は廃材の分別が困難になることや、燃えた廃材の処分コストが割高になる為です.

huka4 houka2 houka1houka3

危険性その③:ゴミを不法投棄される事もあります

fuhou4 fuhou2 fuhouto1 fuho3

危険性その④:害虫の出現により自治体に苦情があると、衛生面問題が指摘され、特定空き家にされる可能性があります。

gaichuu1 gaichuu2 gaichuu3 gaichuu4

危険性その⑤:確認の為、遠方の家に行くことにより交通費が発生します。建物の掃除、草刈りなど、建屋修繕作業などにもお金かかります。(自然災害)大雪、台風、地震などになる度に現地の事が気掛かりになり精神的にも悪影響します。

F1003000.JPG ooame2 ooame3 ooame4

watch

ブログ
トップページへ
スタッフ紹介
会社概要
横浜環境解体の環境対策運動
メールフォームへ
お問い合わせはこちら
住宅解体
内装解体・原状回復
プチ解体
外構・エクステリア
施工実績
お客様の声
価格表
解体工事成功への道
解体工事完了までの流れを知ろう
後悔しない、解体工事業者の選び方とは
知っておきたい、よくあるトラブル
これさえ知っておけば大丈夫、知っ得情報
費用を安く抑える方法
解体工事を活用した節税対策
よくある質問集
横浜環境解体のご紹介
会社概要
スタッフ紹介
私たちの特徴
横浜環境解体の環境対策運動
神奈川県全域対応
横浜市鶴見区、港北区、都筑区、青葉区、緑区、神奈川区、西区、中区、保土ヶ谷区、旭区、瀬谷区、磯子区、金沢区、南区、港南区、戸塚区、栄区、泉区、川崎市幸区、中原区、高津区、宮前区、多摩区、麻生区、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町、相模原市、緑区、中央区、南区、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、相川町、清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川市、大磯町、二宮町、南足柄町、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、小田原町、箱根町、真鶴町、湯河原町
東京23区もお任せください
社長ブログ