横浜環境解体TOP » よくある質問集(住宅解体)
よくある質問集(住宅解体)
よくある質問
よくある質問
1 解体工事を利用して節税対策はできますか?

毎年1月1日時点で所有資産に対して固定資産税が課せられます。
当然所有の土地に対しても固定資産税が課せられます。
土地を売却して支払う税金を安くすることができます。解体工事をして売りやすい土地にする方も多くいらっしゃいます。

よくある質問
2 各企業で費用の異なるのですが、何故ですか?

各企業で工事費用で差が発生することがあります。同じ建物なのに何故?と感じられる方もいらっしゃるかと思いますが、工事技術・工事品質・廃棄物の処分費用などにより工事費用に差が出てきます。

よくある質問
3 業者選びの基準はどういった点ですか?

基本的には任せて安心と思える工事業者を選ぶべきです。
「価格が安い」「工事が丁寧」「近隣に配慮してくれる」等、お客様の要望は多種多様だと思います。様々な角度からお客様が任せて安心だと感じられる工事業者に依頼しましょう。

よくある質問
4 養生とは何ですか?

養生とは、危険防止用等で張るシートのことです。騒音や粉塵によるトラブルを防ぎ、近隣の方のご迷惑を最小限にします。
また、解体工事実施の際に建物 の部材等が落下して、隣接している家屋に被害を与えないように保護する役割を果たします。安全に工事を実施するためには養生は欠かせないものなのです。

よくある質問
5 見積りを依頼した場合の見積り料金はかかりますか?

見積もりは無料です。
まずはお気軽にスタッフに質問していただき、見積り金額を見てから判断されるのがオススメです。

よくある質問
6 建て替えに伴う解体なのですが、解体だけ別で依頼しても良いのでしょうか?

一括契約をせずに、解体工事は専門の解体業者と直接契約する事を分離発注といいます。建築・建設会社やハウスメーカーは、解体工事を下請けに出して料金を上乗せることになるので、どうしても高くなりがちです。
分離発注のメリットは、直接解体業者との契約をすることで、平均で約20%の工事費節約が可能になります。建築・建設会社やハウスメーカーの担当者の方に、「安いところがあれば自分で解体業者を探して良いか」確認した上で当社までご相談いただければ、スムーズに話が進みます。

よくある質問
7 接する道路が狭く、車が出入りしづらい場所でも対応出来ますか?

もちろん対応できます。
ただし、重機やダンプが入りづらい場所であると、作業時間がかかるためどうしても費用が高くなってしまうケースが多いです。
その場合は、現地調査(もしくは見積りご提出)の際にスタッフからお伝えさせていただきます。

よくある質問
8 見積りに、植木・外構・庭池も含まれますか?

基本的には全て含まれます。
ただし、お客様によっては一部分を残されることを希望される方もいらっしゃいますので、現地調査時に確認させていただくことで、適正な見積もりをお出しさせていただいています。

よくある質問
9 引越し後に残った不用品等の処分をお願いできますか?

不用品の処分も可能です。
不用品、残置物の量によって処分費用が変わりますので、現地調査の際にご確認させていただきます。

よくある質問
10 解体時に立ち会いは必要ですか?

特に必要ありません。
ただ、トラブルを未然に防ぐためにも、現地調査に同行されることをオススメします。

よくある質問
11 万が一、近隣の建物に傷がついた場合にはどうなりますか?

当社では自社保険により、万が一近隣の建物に傷がついた場合でも全額ご負担で対応しております。
安心してお任せください。

よくある質問
12 解体時の騒音や粉塵(ふんじん)で、近隣の方に迷惑をかけることはありますか?

解体工事期間中は、どうしても騒音や粉塵(ふんじん)が発生してしまいます。
当社では、養生シートと散水により、ちりやホコリの飛散防止を徹底しています。
また、工事前に近隣のお宅を1件ずつ訪問し、事前に工事の期間を告知することで、近隣の方へのストレスを軽減させるよう取り組んでいます。

よくある質問
13 どのようなケースで追加工事が発生しますか?

お見積り提出後の工事箇所の追加が発生した場合には追加費用をいただくことがございます。
もし追加工事が発生する可能性がある場合は、事前にスタッフからご説明させていただきますので、勝手に請求するようなことはありません。

よくある質問
14 水道・電気等の契約はどのようにすれば良いですか?

水道のみ散水に使用させていただきますので、解約せずにそのままにしておいていただけるようにお願いしています。 電気・ガスはお客様ご自身での事前の解約・停止をお願いしております。
※お問い合わせ先が分からない場合は、スタッフがご案内させていただきますのでお気軽にお尋ねください。

よくある質問
15 解体後の行政への届出や滅失登記の申請はどのようにすれば良いですか?

建物を解体したら、法務局への滅失登記申請が必要になります。
これを行なわないと、毎年固定資産税が発生してしまいます。
工事完了後には取り壊し証明書を発行させていただきますので、そちらを法務局にご提出してください。遠方の方やご自身での申請が難しい方には、当社で代行させていただくことも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

1 / 212
スタッフ紹介
会社概要
横浜環境解体の環境対策運動
メールフォームへ
お問い合わせはこちら
住宅解体
内装解体・原状回復
プチ解体
外構・エクステリア
施工実績
お客様の声
価格表
解体工事成功への道
解体工事完了までの流れを知ろう
後悔しない、解体工事業者の選び方とは
知っておきたい、よくあるトラブル
これさえ知っておけば大丈夫、知っ得情報
費用を安く抑える方法
解体工事を活用した節税対策
よくある質問集
横浜環境解体のご紹介
会社概要
スタッフ紹介
私たちの特徴
横浜環境解体の環境対策運動
神奈川県全域対応
横浜市鶴見区、港北区、都筑区、青葉区、緑区、神奈川区、西区、中区、保土ヶ谷区、旭区、瀬谷区、磯子区、金沢区、南区、港南区、戸塚区、栄区、泉区、川崎市幸区、中原区、高津区、宮前区、多摩区、麻生区、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町、相模原市、緑区、中央区、南区、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、相川町、清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川市、大磯町、二宮町、南足柄町、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、小田原町、箱根町、真鶴町、湯河原町
東京23区もお任せください
社長ブログ